歯列矯正を行うと歯並びが改善され、美しい口元となりますし、発音がしやすくなる、食事がしやすくなる、肩こりや頭痛などの不調が改善できるなど様々な効果を期待することができます。とはいえ、矯正治療はワイヤーやブラケットを取り付けるので、かなり目立ってしまうこととなります。大人の場合はそうした装置を装着することに抵抗を感じる人も多く、治療をあきらめてしまう場合もあります。最近はより治療も進化しており装置の目立たない治療も登場しています。装置を目立たさずに行える治療にもいろいろな種類がありますが、特に有名なものでは歯の表面ではなく、裏側に装置を取り付ける裏側矯正があげられます。装置が目立たないのは最大のメリットですが、そのかわり舌に装置が当たるので話しづらい、歯磨きがしづらいという問題もありました。

装置が小型化した最新の治療を選ぼう

裏側矯正も日々進化しており、今はより快適に治療が受けられるようになっています。装置も改良が進められており、現在ではより薄く、小型化された装置が登場しており、治療中の違和感もより抑えられ、快適な治療が行えるようになっています。矯正治療は長期に行っていきますので、無理なく続けられるよう、できるだけ最新の治療に対応して医療機関を選ぶことが大切です。クリニックごとに設備や技術には差がありますので、新しい治療に対応しているかはよく確認しておきたいところです。表側矯正に比べて治療期間が長くなるというイメージもありますが、最新の治療ではより弱い力で効果的に歯が動かせるようになっています。弱い力でもスムーズに歯を動かせる治療を選んでおくとより早く治療を終えることができるのもメリットです。

金属を使わない装置も用意されています

歯の裏に装置をつけておくと通常では他の人から見えることはありませんが、大きく口を開けたときなどはやはり見えてしまうこともあります。そうした場合も金属を使わない透明なタイプの装置を選んでおけばより審美性にも優れており、口を開けたときにもさらに目立たなくなります。そして金属を使わない治療であれば、金属アレルギーがあり、今まで治療をあきらめていたという人にも治療を受けやすくなります。装置は一度装着すると簡単に外すことはできませんので、じっくり比較してできるだけ体に負担の少ない治療を選びましょう。歯の裏は表と比べてエナメル質も厚く、唾液の自浄作用もあり虫歯ができにくくなっていますが、やはり歯磨きを怠ると虫歯のリスクは高まってしまいます。装置を取り付けてからはよりしっかりと歯磨きを行っていきましょう。